犬猫のお薬購入サイトを比較

ペットケアラボ

「 犬 」 一覧

走るコーギーとヨークシャーテリア

関節炎

シニア犬や肥満犬は関節炎に注意!痛み止めに用いられるカロダイル

2019/05/17    , ,

犬の関節炎はいつやってくるか分かりません。健康診断で初期の関節炎の診断が出たが、飼い主は全く気づかなかったという例もあります。高齢のシニア犬や肥満、大型犬は関節炎のリスクが高まると言われています。 食べすぎないようにペットの食事をコントロールしたり、室内で飼育している場合は滑りやすい場所を改善する、適度な運動を日々行わせる、日頃から愛犬の動きや様子をよく観察する、定期検診に連れて行くといったことは、飼い主が予防策としてできる点です。 ところで関節炎の症状や治療法は、人間と犬で通じる部分も多いようです。加齢や太り過ぎが大きな原因となるのはある程度予想ができますね。ペットの関節炎の治療には、お薬を使う場合は非ステロイド性抗炎症薬が主流になっています。 初めての場合は動物病院で治療、お薬をもらうのがおすすめです。その後インターネットなどでお薬を取り寄せる場合は、カロダイルなどのお薬を使うこともできます。(獣医さんに相談して指示の下で使用しましょう) カロダイルは非ステロイド性抗炎症薬、チュアブルタイプとなっていて、リマダイルのジェネリックです。関節の痛みなどに用いられています。用量はいくつも種類がありますので、リンク先で適切な用量のものを探すことができます。お薬は副作用が起こる可能性や禁忌の事項もあるので、説明ページを事前にチェック下さい。 他には同様のお薬・他ブランドで、メタフラムオーラルサスペンションや、アースロペット コラーゲンペットレスキューのような補助的なサプリメントも販売されています。 関節炎のお薬一覧

投薬補助

ペットがフィラリアのお薬などを飲んでくれない時の投薬補助まとめ

2019/04/11    , ,

ペットへお薬をあげると味や匂いが嫌いで、きれいにお薬だけを残してしまう子がいます。また途中から飽きて食べてくれなくなるということもあります。フィラリアのお薬のように毎月、また持病持ちでもっと頻繁に必要な場合は大変です。 がっと一気に食べてくれる子もいますが、繊細な子は全く食べてくれないケースも多いと聞きます。そんな時の対処法として、投薬の補助になる製品をまとめてみました。 MediBall(メディボール) 公式サイトやAmazonなどで購入が可能です。獣医師と共同で開発しているそうです。柔らかくてくるっと丸めて包めるので良さそうですね。犬用はささみ味・ビーフ味・たら味、猫用はささみ味・かつお味・チーズ味が用意されています。 http://www.jpc-co.jp/mediball/ 詳細を見る   グリニーズ ピルポケット 正規販売店・動物病院・Amazon・楽天・などから購入可能です。主原料100%自然素材ということで安心感があります。真ん中に穴が空いた形状なので、そのピルポケットにおくすりを入れて、あとはそのポケットをぎゅっと指でふたをするように塞いであげるだけという簡単な方法になっています。 http://www.vets-greenies.jp/p_treats.html 詳細を見る   ペット用 おいしいオブラート おクスリ上手 人の苦いお薬用などでオブラートがありますが、ペット用でもありました。いちご風味になっているようです。Amazon・楽天・ヤフーショッピングの店舗から購入可能です。 http://www.taurus-net.co.jp/lineup/supplement/medicine-j.html 詳細を見る   おくすりちょーだい 歯磨き粉のような見た目で、チューブから出てくる水溶性タイプです。合成着色料や合成保存料などの添加物は一切使用されていないそうです。飽きがこないように嗜好性のある味付けになっています。Amazon・楽天・ペットゴーなどから購入可能です。 詳細を見る   錠剤クラッシャー お薬を粉状に砕いて食事に混ぜることのできるアイテム。子犬や子猫、シニアのペットにも使えます。固形のままのお薬に比べると食べ残しはしづらいので、取り入れてくれる可能性は高くなるかもしれません。 http://www.fanta.co.jp/shopdetail/000000000036/ 詳細を見る   好物に包む(チーズは好きな子が多い情報あり) これはお薬をスムーズに食べてくれない場合の、定番の方法です。チーズは犬も猫も好きな子が多く、例えばとろけるチーズなどに包んで食べてくれたという情報もありました。獣医師さんでもこの方法を伝えている方もいるようで、少量であれば通常は問題ないようです。 口を開けて直接、または投薬器など これは噛まない子である前提や、ある程度ペットと飼い主の信頼ができている、また大人しい子限定の手段といえるでしょう。どうしても食べてくれない場合は、嫌がられると思いますが、直接食べてもらうしかありません。何回もやっていると上手になってスムーズにあげられるようになったという飼い主さんもいましたよ。 フィラリアのお薬の場合 犬猫をお迎えする場合、フィラリアのお薬は必ず投与されていることがほとんどだと思いますが、フィラリアのお薬は歴史も長いので、苦手な子にも配慮された製品が出ています。 チュアブルタイプはビーフ味など、好む匂いや味付けがしてある食べやすいものです。スポットオンタイプは、飲み薬が苦手な子に適していて、皮膚に垂らすタイプです。また好物に包んだり食事に混ぜて食べてくれる場合は、シンプルな錠剤タイプで大丈夫です。 フィラリア予防薬のページで、どの製品が適しているかを詳しく見ることができます。 まとめ この他にも探すと色んな製品もあるようです。ペットの状況やお薬を投与する頻度にもよって事情が異なってくるので、よく調べたりいくつかの方法を試してみるのが良いでしょう。なるべくペットのストレスや負担にならない方法で、スマートに投与できる方法が見つかると良いですね。

Copyright© ペットケアラボ , 2020 All Rights Reserved.