犬猫のお薬購入サイトを比較

ペットケアラボ

「 ペット 」 一覧

2匹並んだ犬

耳のケア 感染症 ビルバック製品

Virbac(ビルバック)のペットケア製品について

Virbac(ビルバック)は動物病院でも用いられている、ペットのお薬やケア用品を製造・販売している有名メーカーです。パスツール研究所で開発の訓練を受けた、ニースの獣医師・Pierre-Richard Dickによって設立されました。コーポレートサイト(英語) 1968年のスタート時には小さなアパートの実験室からスタートし、今では動物の製薬企業の世界トップ10に入るほど大きな成長を続けています。(出典:Animal Pharmaceutical Companies) 世界100ヶ国に展開しているグローバル企業 50年以上の歴史 犬と猫の製品に特化 ペットくすりではエピオティックという耳ケアの製品や、リクセン錠という皮膚の感染症ケアの製品が以前から購入可能で、レビューも付いています。現時点ではビルバックの、シャンプー・サプリメント・皮膚ケア・イヤークリーナーの取扱があり少しずつ増えています。 多数の国で一般家庭や動物病院での使用実績があり、口コミも安定して良い商品が多く、信頼性の高いメーカーと言えるでしょう。以下の一覧ページからビルバック製品の購入が可能です。(ビルバック商品一覧)    

走るコーギーとヨークシャーテリア

関節炎

シニア犬や肥満犬は関節炎に注意!痛み止めに用いられるカロダイル

2019/05/17    , ,

犬の関節炎はいつやってくるか分かりません。健康診断で初期の関節炎の診断が出たが、飼い主は全く気づかなかったという例もあります。高齢のシニア犬や肥満、大型犬は関節炎のリスクが高まると言われています。 食べすぎないようにペットの食事をコントロールしたり、室内で飼育している場合は滑りやすい場所を改善する、適度な運動を日々行わせる、日頃から愛犬の動きや様子をよく観察する、定期検診に連れて行くといったことは、飼い主が予防策としてできる点です。 ところで関節炎の症状や治療法は、人間と犬で通じる部分も多いようです。加齢や太り過ぎが大きな原因となるのはある程度予想ができますね。ペットの関節炎の治療には、お薬を使う場合は非ステロイド性抗炎症薬が主流になっています。 初めての場合は動物病院で治療、お薬をもらうのがおすすめです。その後インターネットなどでお薬を取り寄せる場合は、カロダイルなどのお薬を使うこともできます。(獣医さんに相談して指示の下で使用しましょう) カロダイルは非ステロイド性抗炎症薬、チュアブルタイプとなっていて、リマダイルのジェネリックです。関節の痛みなどに用いられています。用量はいくつも種類がありますので、リンク先で適切な用量のものを探すことができます。お薬は副作用が起こる可能性や禁忌の事項もあるので、説明ページを事前にチェック下さい。 他には同様のお薬・他ブランドで、メタフラムオーラルサスペンションや、アースロペット コラーゲンペットレスキューのような補助的なサプリメントも販売されています。 関節炎のお薬一覧

ソファに寝そべる2匹の犬

感染症

ペットの感染症対策として用いられるアジー

2019/04/03    , ,

アジーは人間用のお薬ですが、ペット用に処方されるものもあります。アジーは抗菌剤ジスロマックというお薬のジェネリックになります。 犬猫の場合は、皮膚・呼吸器・泌尿器・外耳炎・中耳炎などの感染症全般に対して動物病院から処方されるケースが多いお薬です。ウイルスやカビへの効果はありません。 はじめは動物病院で処方してもらって、その後定期的に処方が必要な場合や、常備しておくと安心な場合にネットから個人輸入されている方も多いようです。用量は複数の種類が準備されています。 ペットに気になる症状がある時は、まず最初に動物病院で見てもらうということが重要です。アジーは感染症に対して効果のあるお薬ですが、副作用が出る場合もあるので、素人判断のみでお薬をあげるのは得策ではありません。 購入した方の製品の様々なレビューを見てみると、犬猫の口内炎、鼻水、炎症、くしゃみ、歯周病、包皮炎、中耳炎、目やに、耳垢といった症状に改善があったということが報告されています。またペットによっては好き嫌いがあるようです。 抗生物質は使い方を誤ると悪化するケースもあるので、もしネットから購入される場合は、必ず動物病院の先生と相談しながら、経過を観察しつつあげるようにしましょう。100mg、250mg、500mgのバリエーションがあります。 アジー

犬をなでる女性

デンタルケア(口臭対策)

犬猫の口臭を防ぐデンタルケア/シナジーラボ社のデンタルフレッシュ

2019/04/01    , ,

こんな経験はありませんか? ペットが膝の上に乗って鳴いてきた時、ソファに上ってきて顔を近づけてきた時、なんだか臭い!と感じたことはありませんか?毛が臭いなと思ったらシャンプーしてあげればいいのですが、ペットに口臭がある時はちょっと大変。 可哀想だしなんとかしてあげたいけれど、どうすればいいんでしょうか?答えは動物病院に連れいていく、ペット用の口臭対策グッズを利用することなどです。まだ口臭がほとんどないのであれば、それはいいこと!日頃から予防しておくことで、事前に防ぐことが可能です。 口臭の原因 ペットに口臭があるというのは、何かしらの体に不調を抱えている証拠でもあります。人間のように毎食歯磨きをしている子はほとんどいないはず。 犬や猫も歯周炎や歯肉炎になることがあり、それが口臭の原因になることも多いです。また内臓が悪かったりという、体内の問題の可能性もあります。気になる時は一度動物病院に連れて行って相談されるのがおすすめです。 ペット業界のデンタルケアグッズ こうしたことからペット業界では、ペットの歯磨き、歯磨きガム、デンタルリンス、また体内から調子を整えるためのドッグフードまで、今では色々なものが準備されています。口臭を軽減するために、またそうなる前からも予防する意味で、こうしたグッズを日々使うのがいいでしょう。 人間でも予防歯科は積極的に勧められていて、欧米では子供の時からそれが特に徹底されています。ペットの先進国が多い欧米では、ペットのデンタルケアグッズも充実しています。 デンタルフレッシュ 歯磨きは嫌がるワンちゃんやネコちゃんも多いので、そういう時はデンタルリンスを使うこともできます。例えばシナジーラボ社のデンタルフレッシュ犬用は、世界で最初に発売された液体デンタルケア製品です。アメリカでも長年の人気と実績を持っています。(英語サイト) シナジーラボ社はFDA登録済み・FDACSの認可を受けており、世界40ヶ国で150以上のブランドを展開しているグローバル企業です。この製品は1999年から販売されています。 購入した方のレビューを見ると、既に口臭があったワンちゃんの口臭が改善したという内容も投稿されています。毎日ペットが飲む、飲み水に加えるだけで口臭や歯石を予防する効果が期待できるので、とても便利ですね。

ほね型のキーを首輪に付けたビーグル犬

オーガニックシャンプー

ペット用のオーガニックスキンスプレーとシャンプーについて

2018/10/31    ,

リチャーズオーガニックブランド ペット用のオーガニックシャンプーのシリーズで有名なものに、RICHARD’S ORGANICS(リチャーズオーガニック)があります。リチャーズオーガニックは、アメリカのSYNERGYLABS社のブランドです。ブランドページ 英語のサイトですが説明や成分についても、詳しく書かれていて安心。ペットコームなどは1999年以来、200万匹以上のペットに使われているそうで、歴史と使用実績の豊富なブランドです。なお猫には使用できないものも含まれていますのでご注意下さい。 オーガニックスキンスプレー 植物エキスが成分の100%オーガニックで安心の、オーガニックスキンスプレー。噛み傷、日焼け、発疹、湿疹、乾燥、白癬、軽傷に効果を発揮します。15種類のブレンドから成っており、抗ウイルス、抗炎症、抗菌作用をもたらします。スプレータイプなのでシャンプーが苦手なわんちゃんに良い製品です。 オーガニックデオドラントシャンプー 犬の体臭対策に特化しています。ラベンダーとローズマリーの落ち着く香り、オーガニックデオドラントシャンプー。ナチュラルに臭いを除去/抑制するために開発された製品です。天然成分のオイルはペットの肌をほぐして、きれいで光沢のある健康的な肌へと向かわせます。 オーガニックしっとりシャンプー 乾燥やかゆみ・炎症を起こした皮膚を、優しく癒やして保護します。オートミールとスウィートアーモンドオイルでしっとり潤いを。オーガニックしっとりシャンプー。このシリーズの中でも最も人気の高いシャンプーの一つです。 オーガニック抗バクテリアシャンプー ティーツリーとニームオイルを成分としており、真菌やバクテリアに起因する皮膚症状に効果的です。わんちゃん専用。オーガニック抗バクテリアシャンプー。

Copyright© ペットケアラボ , 2020 All Rights Reserved.