犬猫のお薬購入サイトを比較

ペットケアラボ

「関節炎」 一覧

走るコーギーとヨークシャーテリア

関節炎

シニア犬や肥満犬は関節炎に注意!痛み止めに用いられるカロダイル

2019/05/17    , ,

犬の関節炎はいつやってくるか分かりません。健康診断で初期の関節炎の診断が出たが、飼い主は全く気づかなかったという例もあります。高齢のシニア犬や肥満、大型犬は関節炎のリスクが高まると言われています。 食べすぎないようにペットの食事をコントロールしたり、室内で飼育している場合は滑りやすい場所を改善する、適度な運動を日々行わせる、日頃から愛犬の動きや様子をよく観察する、定期検診に連れて行くといったことは、飼い主が予防策としてできる点です。 ところで関節炎の症状や治療法は、人間と犬で通じる部分も多いようです。加齢や太り過ぎが大きな原因となるのはある程度予想ができますね。ペットの関節炎の治療には、お薬を使う場合は非ステロイド性抗炎症薬が主流になっています。 初めての場合は動物病院で治療、お薬をもらうのがおすすめです。その後インターネットなどでお薬を取り寄せる場合は、カロダイルなどのお薬を使うこともできます。(獣医さんに相談して指示の下で使用しましょう) カロダイルは非ステロイド性抗炎症薬、チュアブルタイプとなっていて、リマダイルのジェネリックです。関節の痛みなどに用いられています。用量はいくつも種類がありますので、リンク先で適切な用量のものを探すことができます。お薬は副作用が起こる可能性や禁忌の事項もあるので、説明ページを事前にチェック下さい。 他には同様のお薬・他ブランドで、メタフラムオーラルサスペンションや、アースロペット コラーゲンペットレスキューのような補助的なサプリメントも販売されています。 関節炎のお薬一覧

Copyright© ペットケアラボ , 2020 All Rights Reserved.